理事長所信

「粋」~前向きに、楽しく~2021年度 理事長 安楽城 大作

尾道は日本遺産に認定されるほどの恵まれた風土や受け継がれてきた歴史や文化、伝統を持つ誇り溢れるまちです。しかし、世界的な新型コロナウイルスの蔓延により、その根幹が脅かされています。このような時だからこそ、それぞれの組織のリーダーたる我々全員が若い力を結集させ、本質を見極め、前向きに行動し、未来を創造していかなければなりません。我々が、先人たちから引き継がれてきた想いを基としながらも、固定観念に捉われることなく前向きに活動を繰り返していくことが、まちに暮らす人々の活力へと繋がり、組織の活性化へと繋がり、まちの未来を創り上げる。そうした気概を持って、活動を展開してまいります。

新型コロナウイルスの蔓延により様々な活動が自粛に追い込まれる中、尾道においてもあらゆる分野で負の影響が生じてしまっています。現状をしっかりと認識し、苦しみを分かち合い、まずはまちが活気を取り戻す活動を展開していかなければなりません。

活動の自粛を目の当たりにし、半ば当たり前のように享受してきた伝統・文化に対し、それが当たり前でなかったことを思い知らされました。活動ができる有難さを再認識し、尾道の伝統・文化に積極的に関わり、その継続に向けてまち一体となって取り組んでいかなければなりません。

当たり前のことが当たり前のようにできなくなってしまったのは子供たちも同様です。人生において数少ない学生生活の思い出が次々と自粛に追い込まれるなか、子供たちの将来に及ぼす影響は図り知れません。このような状況下においても、子供たちが他者とのつながりや思い出を創り上げることのできる環境を出来うる形で整えること。それが今このまちに暮らす大人の責任であると考えます。

一般社団法人 尾道青年会議所
【2021年度 テーマ】

今後の尾道の未来を創造するための活動も並行して模索していかなければなりません。まちの発展は一部の人の功績であっては長続きしません。尾道に暮らす我々一人一人がまちをしっかりと見つめ、補い合っていかなければなりません。持続可能な尾道の未来の創造に向け、まち一体となって取り組むべき活動を模索してまいります。

また、天災はどのような状況下においても起こりえます。そこに目を背けることなく、過去の経験を踏まえ、今後も予想される災いに対して継続的に対処し、防災に対する輪を広げていかなければなりません。

まちの未来をより良い形で創造していくために、我々の組織自体がさらに活気溢れ、魅力を持った団体へと成長していかなければなりません。我々が青年会議所活動を行うことができるのは、諸先輩方が連綿とその志を継承し続けてこられたからです。動く力、考える力そして決断する力を持たなければ地域に貢献することはできません。そして我々が人として成長するための一番の原動力である出会いを未来に繋げていくためにも、会員拡大は大きなテーマです。

また、青年会議所の活動がまちの発展に寄与するためには、我々の活動に対し広く賛同を得る必要があります。そのために、このような状況下ではあるが、我々自身がまちに出て、多くの方々と交流を図り、JC運動を積極的に発信していかなければなりません。

2020年代がスタートするにあたり、尾道青年会議所としてどのような信念を持ち、どういった形で未来のまちの活力に繋げていくかを今一度見つめなおし、未来の仲間たちに引き継いでいきましょう。我々自身が活気を漲らせた活動を展開し、発信していくことが、まちを元気づけることに繋がっていくと確信しております。

困難な状況だからこそ見えるものがあります。それをしっかり見つめることで、自身の置かれていた環境に感謝し、それを支えてくれる方々に敬意を感じることができます。私たちがまずそれを実践し、周りに伝え広めていくことがリーダーの務めではないでしょうか。どのような状況においても大事なことを見極め、活力を周りに波及することのできる人間、そんな粋な人間の集まる組織として、我がまち尾道を盛り上げていきましょう。前向きに、楽しく。