活動報告詳細

バックナンバー

選択してください

2019年度9月例会 テーマ『防災マインド向上計画』2018年9月14日

9月14日(金)尾道国際ホテルにて、9月例会 テーマ「防災マインド向上計画」が開催されました。
河原研介委員長率いる社会開発委員会が設営を担当、神戸学院大学現代社会学部社会防災学科准教授の舩木伸江先生を講師に迎え、ご講演頂きました。
各地で大地震や豪雨災害等が相次ぐ昨今、「防災マインドを持つ市民を増やしたい」という強い想いのもと、防災専門教育や防災に関する実務家の育成、地域との連携による減災力の向上等を目指し日々尽力されている舩木先生。自己紹介にはじまり、防災について意識し学ばれるようになったきっかけ、新潟県中越地震やスマトラ島沖地震等大規模な災害の被災地を調査して知った現状、南海トラフ巨大地震のこと、定期的に実施されている小学校への出前授業をはじめとする日々の活動のこと等お話頂きました。
「一人一人が防災についてただ知識を得るだけでなく、実際に何か一つでも出来ることから始めていかなければ意味がない」。7月の西日本豪雨災害の爪痕が今も残っていることもあってか、舩木先生のお話は大変リアルに心に響くものでした。当日は尾道市、尾道市社会福祉協議会、尾道市教育委員会をはじめ市内各署で防災に携わられている方々にも多数ご臨席を賜りました。改めまして、心より感謝申し上げます。